製造工程

店舗内のプラントで全工程に目を配りながら製造

逆浸透膜とセラミックスを用いた幾層ものフィルターで安全な水を精製

みずはのめは水道法に基づく水質基準に適合しています

ウォータープラントの構造 ?自店舗内で水を精製・供給?

活性炭ろ過器、イオン交換樹脂、RO(逆浸透膜)装置によって可能な限り不純物を除去

おいしい健康水「みずはのめ」は、原水を活性炭ろ過器、イオン交換樹脂を使った装置、RO(逆浸透膜)装置によって可能な限り不純物を除去したいわゆる超純水です。
さらに、特許技術であるエムタイトセラミックスの層をいく層も通すことによって水の分子が細分化され、溶解力や浸透力に優れた水となります。

ウォータープラントの構造

特許取得のセラミックスについて

遠赤外線の働きによって、水のクラスターを細かくする働き

みずはのめのプラントに使用されている「エムタイト・セラミックス」は、特殊遠赤波を放射する天然鉱石を数種類配合し、1300℃で焼結した天然鉱石セラミックです。

エムタイトセラミックスは遠赤外線に属する波長(特殊遠赤波)を常温時でも永続的に放出しており、水に接触するとその特定波を強力に吸収し水の分子(クラスター)をより小さな構造とします。
細分化された水は活性化が強く、浸透性及び溶解性に富んでいます。

また、分析結果では水の表面張力が大幅に低下し、通常の水に比べ常温時での水分蒸発速度が約1/3になることが分かりました。